シルフィードの庭

ねこうさぎしゃが贈る大人のための童話と幻想小説

【最新作・連載中】作品No.8「ミシオン王子とハトになったヴォロンテーヌ」

【最新作・連載中】作品No.8「ミシオン王子とハトになったヴォロンテーヌ」

 【あらすじ】その昔、天の国と地上がまだ近かった頃、自ら人間へ生まれ変わることを望んだ一人の天使が、ある国の王子ミシオンとして転生する。 だが人間界に生まれ変わったミシオンは、普通の人間と同じように前世の記憶(天使だった頃の記憶)も志も忘れてしまう。 甘やかされ愚かに育ってしまったミシオンは、二十歳になった時、退屈しのぎに自らの国を見て回る旅に出ることにする。そこからミシオンの成長が始まっていく...

【完結】作品No.7「デシデーリオ」

【完結】作品No.7「デシデーリオ」

【あらすじ】田舎の領主の娘はその美貌ゆえに求婚者が絶えなかったが、欲深さのためにもっと条件のいい相手を探すのに余念がなかった。清貧を好む父親は、そんな娘の行く末を心配していたが、ある日娘の前に一匹のネズミが現れて「助けてくれた恩返しにネズミの国の王妃にしてあげよう」と申し出る……尽きる事のない人間の欲望──デシデーリオに惑わされた娘のお話。本編はコチラへ...

【完結】作品No.6「くちなし鳥」

【完結】作品No.6「くちなし鳥」

【あらすじ】一度も鳴いた事がない「くちなし鳥」は、どこへ行っても仲間外れにされ、居場所のない日々を送っていた。ある海辺の町でくちなし鳥は、松葉杖の少女と出逢い、心を通わせていく……。本編はコチラ...

【完結】作品No.5「キング・フロッグの憂鬱」

【完結】作品No.5「キング・フロッグの憂鬱」

【あらすじ】ある森の沼に住むキング・フロッグの悩みは、自慢の王冠が誰かに盗まれるのではないかと言う事でした。それを考えると夜も眠れないほどでした。そんなキング・フロッグに、知恵者のナマズはある提案をするのですが……。──掌編の寓話です。本編はコチラ...

【完結】作品No.4「眠れる森のうさぎ姫」

【完結】作品No.4「眠れる森のうさぎ姫」

【あらすじ】白うさぎ王国のアヴェリン姫のもっぱらの悩みは、いつも眠たくて仕方がないことでした。王国一の名医に『眠い眠い病』だと言われたアヴェリン姫は、人間たちのお伽噺の「眠れる森の美女」の中に、自分の病の秘密が解き明かされているのではと思い、それを知るために危険を顧みず人間界へと足を踏み入れて行くのですが……。ねこうさぎしゃ初のファンタジーロマンスです。本編はコチラ...

【完結】作品No.3「ある羊と流れ星の物語」

【完結】作品No.3「ある羊と流れ星の物語」

【あらすじ】たくさんの仲間と共に、優しい羊飼いのおじいさんと暮らしていたヒツジは、おじいさんの突然の死で境遇が一変してしまいます。後から来た羊飼いの家族は、おじいさんのような優しい人間ではありませんでした。そんな中、その家族に飼われていた一匹の美しいネコだけが、羊の心を癒してくれるのでした……。名もなき優しい羊の本当に安らげる場所とは…。愛と魂の救済の物語。本編はコチラ...

【完結】作品No.2「シャルル・ド・ラングとピエールのお話」

【完結】作品No.2「シャルル・ド・ラングとピエールのお話」

【あらすじ】ノルウェジアン・フォレスト・キャットのシャルル・ド・ラングはちょっと変わった猫です。人間のように二本足で歩き、タキシードを着てシルクハットを被り、猫目石のついたステッキまで持っています。以前シャルル・ド・ラングが住んでいた世界では、動物たちはみな、二本足で立ち歩くのが普通なのでしたが……。不思議な力で出会った者を助ける謎の猫、シャルル・ド・ラングのお話です。本編はコチラ...

【完結】作品No.1「リラ」

【完結】作品No.1「リラ」

【あらすじ】父を亡くし、母も病気でひとりぼっちのリラは、寂しい日々を送っていた。唯一のパパの形見のブラシも失くしてしまった。そんなリラのもとに、ある夜大きなカモメが訪ねて来る。そしてカモメはリラに「こんばんは、リラ」と話しかけて来る。その声は間違いなく亡くなったリラのパパだった……。寂しい少女・リラの一晩の不思議な物語。本編はコチラ...